現在、話題になっている働き方改革について

おもしろTopic

現在我が国では時間外労働、セクハラ、パワハラなど社会生活を送ることによって自らの命を落とすという事件、事故が毎年起き、社会問題となっております。

その中で、政府の一億総活躍社会実現に向けた1つに位置付けられ、企業にとっても重要課題とされるのが働き方改革です。

働き方改革という言葉は2017年の流行語大賞にもなりました。

完璧に説明できる人はあまり多くはいないと思いますが、簡単に表現すると「長時間労働を減らすことと同時に労働生産性や仕事への満足度も上げられること」ということでしょう。

「働き方」を「改革」するのですから、今までとは違う働き方になるということです。

そう考えると、非常に幅広い言葉となります。

働く場所を変える、働く人や組織を変える、働く時間を変える、働く手段や道具を変える、業務プロセスを変えるなど、多岐にわたります。

何が新しい働き方なのか

では現在多くの企業が取り組んでいる働き方改革として、何が新しい働き方なのか考えていきたいと思います。

現在と昔を比較して考えていきますと、多様化というキーワードがポイントとなってきます。

多様化とは多くの人材が、それぞれの事情に、それぞれの時間に合わせて働くということであり、これにより仕事を選びやすく、また、自らの都合に合わせて働くということです。

どういったものがあるのでしょうか。

例えば、主に男性の働く場所が女性も働けるようになったり、新卒採用の雇用を外国人、高齢者、転職者、再就職者も雇用できるようになったり、フルに働ける人中心に勧めてきた企業がパートやアルバイトなど短時間でも働けるような環境になったりします。

時間となるとフルタイム中心からフレックス勤務、時短勤務、ワークシェアなどがあります。

働く場所などはオフィス中心から自宅、外出先、サテライトオフィス、コワーキングスペースなどに変わります。

WT
労働手段として手作業、社内システムからICT活用、クラウドシステムなど効率的なプロセスへと変化するでしょう。
スポンサードリンク

働き方改革何のためにやるのか

政府が働き方改革で目指すのは、労働課率の向上と生産性向上による強い経済の実現です。

企業と個人が目指すことは、主に4つのポイントにしぼられます。

・生産性向上

企業の目的として、生産性向上は第一です。従業員や組織、時間、場所、手段や道具や業務プロセスなどを変えることで、労働時間やコストを削減し、効率を押し上げます。

・多様な人材活用(ダイバーシティ)

性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価値観などの多様性を受け入れ、広く人材を活用し、生産性を高めます。

・リスク対応力強化(BCP)

いつ災害がきてもいいように重要な業務は継続できるようにします。又は重要な業務に支障が出てもリスクを最小限に抑え、すぐ復旧できるようにします。

・ワーク・ライフ・バランス実現

企業が個人(従業員)に期待している仕事や役職などと、個人自体がやりたい仕事やプライベートな事情などを両立できることからこれまで以上に業務能力を発揮し、企業の成長に貢献します。

------------------------------------------------------------------------------------------

これまでにみてきた4つのポイントは密接につながっています。

それは、生産性向上を中心に考え、ワーク・ライフ・バランスの実現をおろそかにしたら従業員は疲れ、創造性を失います。
逆にワーク・ライフ・バランスの実現ばかり考えていますと、従業員は満足するかもしれませんが、生産性につながらず企業の成長に貢献できない恐れがあります。
WT
企業、個人それぞれの視点に立って目的、目標を実現することが大事です。
スポンサードリンク

働き方改革まとめ

今回は働き方改革についてみてきました。

一言で働き方改革といっても数ある問題があり、それに応じて対応策もあることが分かりました。

今現在でも労働環境や労働時間などで悩んでおられるかたはたくさんおられると思います。

2016年の働き方改革の提唱から2年が経ちますが、まだ取り組みが進んでいない企業の方が多いのも事実です。

WT
これからはそういう現実の課題と真正面に向き合い、対処、改善して未来ある働きやすい社会に期待していきたいです。

 

スポンサードリンク