【要注意】日常生活にやりがちだが、思っている以上に危険なこと

おもしろTopic

日常生活で危険なことって何があるでしょうか。

私達の生活の中では、最近ニュースでも取り上げられている”イヤホンをつけながらの自転車運転”などが目につきますよね。

歩行者との接触事故で亡くなっている方もおり、世間では知っている方が多くいるのではないでしょうか。

「悪気はなかった…」「すみません」で済む問題ではなく、気にも留めていなかったことが、時に誰かの死を招く危険があります。

「私は大丈夫!!!」そう思っているあなたが、次の加害者かも知れませんよ!

そこで今回は、日常生活にやりがちだが、思っている以上に危険なことをご紹介していきます。

日常生活を脅かす危険なこと

日常生活で思っている以上に危険なことをいくつかご紹介いたします。

「確かに!」「そうだったのか!」と思って頂ける内容になっているでしょう。



サマーシーズンには行く海に潜んでいる危険生物!

海の危険といえば、何が思い浮かぶでしょうか。

溺れたりするケースもありますが、やはり映画などにもなっている”サメ”に襲われることが、危険だと思われている方が多くいるかと思われます。

しかし、実際には人間がサメを襲う事例は少なく、それほど多くは起こっていません。

現に日本のニュースで、サメに襲われたなんて聞いた事がありませんよね。

サメではなかったら、一体どんな生物が危険なのでしょうか。

それは、日本の海にはいつもいる”クラゲ”です。

見た目とは、うらはらに強力な毒を持っているその針に刺されれば”死”に至るケースも少なくありません。

蜂に刺されたらおこる”アナフィラキシーショック”は、クラゲに刺されてもおこる可能性があります。

フィリピンでは、年間約20~40人がクラゲに刺され命を落としており、日本でクラゲに刺され死亡した事例は1名となっておりますが、海水温の上昇でシーズンに関係なく、クラゲが出没する危険やクラゲの増加などが考えられるため、今後はクラゲによる被害が多くなるかもしれませんね!

WT
クラゲに刺されてもそのままに放置しがちですが、大きな事故になりかねないので、適切な処置をしましょう!

対処法

1.刺された場所に触手がついている場合、素手以外でとり海水で洗い流す。

触手がついた状態のまま水で洗い流すと、再度毒を出す可能性があります。

2.刺された場所を冷やし、病院へ

参照元: 二次災害を防げ!【海でクラゲに刺されたときの正しい対処法】

https://shigotonadeshiko.jp/112580

起こるわけがない!?ハンドスピナーの事故!?

ただ回すだけのおもちゃ”ハンドスピナー”。

このおもちゃに一体どんな危険があるのでしょうか。

アメリカに住むジョン・ハリスは、ハンドスピナーを高速で回転させようと、圧縮空気を使い、ハンドスピナーを高速で回そうと試みました。

しかし、ハンドスピナーが耐え切れず一部が爆発し、ジョンは病院に搬送され、30針もの大手術を受けました。

日本でもハンドスピナーの事故があり、2017年8月、ハンドスピナーの部品がはずれ、1歳3ヶ月の男の子が飲み込む事故が発生しています。

国民センターは「乳幼児の手の届かない範囲で保管し、遊ぶ前に部品に問題がないか確認してほしい」と注意を呼びかけており、その他、様々な装飾品を付け足すことで、手裏剣のように尖った部分が、体に刺さり怪我を負う人もいるみたいですよ!



1日約185件も発生しているあおり運転!!!

2017年6月5日、神奈川県大井町の東名高速道路で、あおり運転を受け停車させられたワゴン車にトラックが追突し、ワゴン車の夫婦が死亡した事故が発生しました。

当時この事件は大きな波紋を呼び、今でも知らない人がいないのではないかというぐらい”メディア”で大きく取り上げられましたよね。

その後、警察が”あおり運転全国一斉取り締まり”を2018年6月1日~6月7日の1週間行ったところ、総検挙数1296件ものぼり、1日約185件もの人があおり運転をしていたことになります。

あおり運転で捕まった場合、一番多い事例として”車間距離保持義務違反”に該当し、公共の道路での反則の場合、点数が1点引かれ、普通自動車の場合で6000円の罰金になります。

大きな事故に繋がりかねない”あおり運転”。

例えば、仕事の打ち合わせに間に合わない場合や、寝坊などで急いでいる場合など、急いでるときに、ついつい前の車をあおってしまいがちではないでしょうか。

どんなに急いでいるからといっても、事故を起こせば元も子もありません。

罰金を払う事になる上、その手続きにもさえも時間がかかり、尚遅れをとることになるでしょう。

急いでいる時にこそ冷静さが必要で、事故を未然に防ぐ為にも、遅れる際には電話をするなど、適切な判断を心掛けましょう。

煽られた時の証拠としてドライビングレコーダーは必須アイテムです。

※その他、車の車種や高速道路の違反などでも反則金が違いますので、詳しく知りたい方は下記をご確認ください。

参照: 罰則9000円!?以外と知らない車間距離のルール

http://car-me.jp/articles/7528/2#index1

水のとりすぎは”悪影響”!?

筋肉を付けたければプロテイン、やる気を出したければエナジードリンク、眠気に襲われる場合はカフェインなど、飲んでいる人が多いのではないでしょうか。

そんな中、ダイエットや健康を意識した人達は”水”を多く飲んでいるかと思われますが、飲む量が間違っていると大きな問題に繋がりかねません。

確かに、水を飲む事で基礎代謝が上がり、血管が綺麗になり、ダイエット効果や肌に良いです。

しかし、健康な人が2ℓもの水を飲む必要は全くありません。

なぜなら、毎日の食事の中で、大体0.8~1ℓの水分をとっているからです。

WT
むしろ、水を多くとりすぎた場合、”水中毒”になる可能性や、ダイエットどころか肥満の原因にも繋がります。

水中毒とは・・・水の飲み過ぎにより体液が薄まってしまう病気で、軽度であれば、顔がむくみ、夕方頃になると靴がきつく感じます。

重度になると、昏睡や脳梗塞、子宮内膜症、自律神経失調症や精神疾患にもなると言われています。

水以外に普段から食べている食べ物もたくさん危険があります。

【日本国内】命を脅かす危険な食べ物 ~身近に潜む影~

スプレー缶に関する事故

2018年12月16日に、札幌市豊平区の居酒屋などがある建物で、40人以上が重軽傷を負う大きな爆発事故が発生しました。

この爆発の原因は、不動産仲介会社で働く従業員が、除菌消臭スプレー缶を100本以上に穴をあける作業をした後、何らかの原因で引火し、爆発が起きたと報道されています。

この事故は、皆さん記憶に新しいのではないでしょうか。

スプレー缶で起きた事故はこれだけではありません。

爆発事故ではありませんが、1998年にダニエル・ハーリー(12)が、制汗スプレーをかけすぎたことが原因で、スプレーの化学物質が体内に溜まり、心不全になり亡くなるという悲劇が起こっています。

また、スプレー缶の廃棄などで、ゴミ収集車の火災が、日本で毎年約700件も起きています。

WT
寒い時期には、鍋でガス缶を使うのでストーブなどの場所に置かないように注意が必要ですね!また、熱い季節には、制汗スプレーを多くの方が利用するかと思いますが、密室の場所で多く使用することはできるだけ避けましょう!

まとめ

「へぇ~そうなんだ!」「確かに!」そう思って頂けたのではないでしょうか。

私達の身近な話だと”あおり運転”や”水の飲み過ぎ”などあなた自身は無くとも、あなたの隣にいる人がやりがちかも知れませんね。

特に、あおり運転は、急いでいるときについついやりがちだと思いますので、気をつけましょう!!!

WT
以上、日常生活にやりがちですが、思っている以上に危険なことのご紹介でした。