2018AWのトレンド!足元はボリュームスニーカーで決まり!

ファッション

服のトレンドって毎シーズン変わっていくので追いかけるのが大変ですよね。

しかし、靴であればそう簡単には変わらないので、一度流行りの靴を買っておくと便利です。

そして、2018AWで流行りそうなのは「ボリュームスニーカー」です!

本記事ではこの「ボリュームスニーカー」を紹介していきます。

ボリュームスニーカーとは?

ボリュームスニーカーはバスケットシューズのように大きめで、ソールなどもゴツく、全体的にボリューム感のあるスニーカーのことを指します

去年あたりから各ブランドが出し始めていますが、このブームの火付け役は何と言ってもバレンシアガの「トリプルS」です。

三つのソールが付いた個性的なデザインのため、若者を中心に大流行しました。

また、希少性も高く、手に入りにくいことから、ヤフーオークションやメルカリなどでも高値で転売されています。

WT
このスニーカーがこのブームを牽引していると言っても過言ではありません。

なぜ流行るの?

前項で述べた通り、各ブランドが出していることも理由の一つとして挙げられますが、他にも理由はあります。

〜足元の意識の高さ〜

ボリュームスニーカーはしっかり作られており、かなり大きいので値段も普通のものに比べると高くなります。

しかし、「オシャレは足元から」という言葉もあるように、ファッションの中でも靴は重要なポジションを占めます。

そのため多くの人は、財布や腕時計のように靴に対しての意識が高く、多少高価でも買うでしょう。

したがって、人々に「靴は良いもの揃えたい!」という意識があることが一つの理由です。

〜スポーツカジュアルの流行〜

近年は、普段着でもスポーツテイストに仕上げることでトレンド感が出ます。

そう、ボリュームスニーカーはそのアイテムにピッタリなのです。

少しキレイめな格好でも足元に加えるだけで、一気にスポーツテイストへと変わります。

取り入れるだけでテイストを一気に変える便利なアイテムです。

このように、ファッションの流行も後押ししているのですね。

〜秋冬のブーツ感覚!?〜

冷えは足先からくるので、ファッションしつつも機能性は重視したいですよね。

ローカットスニーカーだと秋冬は少し寂しくなります。

ボリュームスニーカーなら足元をスッポリ覆いますし、秋冬のブーツの代わりになります

少し長く厚手のソックスと合わせれば、保温効果もありオシャレで一石二鳥です。

〜デザイン性・機能性が高く種類が豊富〜

ボリュームスニーカーであれば高さや幅があるので、ローカットでスニーカーでは入れることが出来なかったデザインや機能が盛り込めます

そのため、ポップで派手なデザインが特徴のスニーカーだったり、とにかく機能性を重視したスニーカーだったりもあります。

その分値段は高くなりますが、自分に合ったお気に入りのスニーカーを見つけられます。

種類が多いのも、ボリュームスニーカーが流行ると感じさせる理由の一つです。

3 筆者オススメのブランド三選

〜バレンシアガ〜

先ほども述べた通り、今最も勢いのあるブランドです。

「トリプルS」はボリュームスニーカーというよりダッドスニーカーに近いですが、街で履いている人がいたら一目置かれることでしょう。

値段は10万円前後と少々高く、手に入れることも難しいですが、買って気に入らなければ高値で売れますし、大変良い靴なので長持ちもします。

是非ともオススメしたい一足です。

〜フィラ(FIRA)〜

こちらのブランドのアイテムを持っている人も最近よく見かけますね、、、

資本元が移動したことにより人気が再加熱しています。

パーカー、Tシャツ、バッグなどなんでも人気ですが、白のボリュームスニーカーは特に人気です。

シンプルかつ若干キレイめな要素もあるので、初心者でも合わせやすいです。

〜ニューバランス〜

今だに安定した人気があるスニーカーブランドです。

元々は扁平足を治すための靴を販売していたということもあり、機能性はかなり高いです。

20000円〜40000円でボリュームスニーカーを出しています。

モノによってはソールが厚いのものも多く、身長もチョット盛れちゃいます。

カラーも豊富で、Nのデザインが小さくなっているスタイリッシュなものもあります。

機能性とファッションの両立をしたい方にオススメのブランドです。

まとめ

いかがでしたか?

流行にノるのはキライだったり、気に食わない方もいるかと思います。

しかし、流行を追いかけながらファッションを楽しむのも一つの方法であり、やってみたら案外楽しいものです。

WT
みなさんのスニーカーコレクションにボリュームスニーカーを加えて、足元にちょっぴりトレンド感をだしちゃいましょう!