年越しそばの正しい食べ方は年を越してる最中?それとも越す前?後?

おもしろTopic

2018年も残り1ヶ月が切り、尚肌寒くなってきました。

12月といえばクリスマスや仕事納めなどで、町では活気が溢れている反面、騒がしくなってきているなと感じます。

さすが師走です。

そんな忙しい12月が終わり、いざ年を越す時は、皆さん何をしていますか?紅白、またはK-1などテレビ画面を見ながら年越しそばを食べているのではないでしょうか。

こどもの頃、寝ている最中に親から起こされて「年越しそばを食べるよ」って半ば無理矢理起こされた経験がみなさんもあるかと思います。

そんな年を越す際に食べる年越しそばですが、食べる時の正しいタイミングって年を越してる最中なのでしょうか?それとも年を越す前なのでしょうか?後なのでしょうか?

大人になった今「年越しそばって食べるタイミングっていつなんだ?そもそも年越しそばの意味はなんなんだ?」そう疑問に感じたため、年越しそばについて調べてみました。

そこで、今回は年越しそばの食べるタイミングや由来、歴史。

また、びっくりするような食べ物を年越しの際に食す地域もありました!その地域ならではの年越し◯◯などをご紹介いたします。

■年越しそばを食べる人の割合

まず、男女318名に年越しそばを食べるか調査したところ

  • 「ほぼ毎年食べる」人が74%
  • 「たまに食べる」人が12%

10人中約9人が年越しそばを食べるという結果になっています。

■年越しそばの歴史と由来

実は、昔から「年越しそば」と呼ばれていた訳じゃないのはご存知でしたか?

遠い昔の江戸時代に、毎月の月末にそばを食べる風習がありました。

また、節分に食べるそばを「節分そば」と呼び、今でも東京の調布市にある深大寺。

また、京都などでは、節分にそばを食べるイベントが今でも行なわれているそうです。

昔は大晦日に食べるそばのことを「晦日そば」「年取りそば」と呼んでいました。

昔は数え年でしたので、正月を迎えると一歳年をとるとされていたことから「晦日」より「年取り」が使われ「年取りそば」と呼ばれることの方が多かったのだとか。

ではいつから、「年越しそば」と言われるようになったのでしょうか。

年越しそばと言われるようになったのはここ最近で、実は明治になってから年越しそばと呼ばれるようになったみたいです。

引用元: https://www.gnavi.co.jp/dressing/article/21329/

■【厳選】なぜ年越しそばを食べるのか知ってますか?4つの噂!!!

この質問を答えれる方は少ないと思います。

またご存知の方は、相当なそば通な方なのでしょう。

1.そばは細く長く伸びることから、寿命を延ばし幸運を伸ばすという願いが込められている説。

これが最も有名な説です。

2.そばは切れやすいということから、1年の苦労や厄災を綺麗さっぱり切り捨てようという意味で食べる説

3.金銀細工師は、飛び散った金銀の粉を集める時に、丸めたそば粉を使ったことから「金(きん)を集める」「金運が良くなるようにといった願掛け」など縁起物として食べるようになった説

4.そばを作る行程にそばを打つ作業があります。「手打ち」ということで相手を討つ、つまりそばを打つ=相手に勝つという説

など本当に縁起が良い食べ物として、言い伝えられてきました。

■年越しそばを食べる正しいタイミングはいつ?

年越しそばを食べるタイミングで最も多いのは、やはり大晦日の夜に除夜の鐘を聞きながら食べることが多いようです。

また、夕食時に食べられる方もいらっしゃるようですね。

大晦日の昼に食べる方もいらっしゃるものの、1年の厄や毒を取り払うといった意味を考えれば、昼よりも夜、夜の中でも深夜がいいのではないでしょうか。

前記で紹介した通り、年越しそばの由来には厄を断ち切ると言われているため、新年を跨いでから食べるのは縁起が悪いと言われています。

また、年越しそばを残すと金運に恵まれないとも言われているので、お腹がいっぱいの時はあらかじめ少なめに盛ることが大切です!

■温かい年越しそば?冷たい年越しそば?あなたはどちらを食べていますか?その他トッピングについて!

ちなみに、皆さんは冷たいそば派ですか?温かい派ですか?年越しそばに食べるのはどちらが正解かというと

どちらでもいいそうですよ!!

しかし、12月は新そばが出回る時期なので、そば好きな方は、そばの素の味を楽しめる「ざるそば」「もりそば」などを食べる場合が多いようです。

特にこれだと言った食べ方の正解はありませんでした。

■年越しそば以外の年越し◯◯!!!

年越しそばは全国共通ですが、中には、一風変わった食べ方や全く違うものを食べる県もあるみたいです!

果たして、その地域の方々は年越しの際に何を食べるのでしょうか?ご紹介します!

真冬に冷たいおろしそば!

福井県では、冷たいそばに大根をたっぷりすりおろし、ダシをかけ、お好みに応じて、鰹節やネギ、一味などをまぶし食べるのが当たり前みたいだ!

真冬に冷たいそばなんて私は聞いたことがない。

福井県内一のそば産地、坂井市の方いわく「年越しと言えばおろしそば!温かいそばには違和感を感じる」とコメントする程だ。

福井県では、これが広く浸透し当たり前のように、年を越す時はおろしそばを食べるみたいです。

WT
真冬ということもあり季節はずれかもしれませんが、大根おろしが一杯かかったおそばも悪くはないですよね!

そばではなく年越しうどん!?

香川県や群馬県、秋田県などのうどんの名産地では、年越しにうどんを食べる習慣が今でも根強く残っているそう。

香川県では、2008年頃から梅やエビなど、赤い具材で紅白に盛りつけたうどんを「年明けうどん」と名付けた程だ!

WT
紅白にちなんで赤色のトッピングをしてるうどんなんて、インスタ映えしそうですよね!それに、梅やエビをトッピングなんて絶対美味しいに決まってるじゃないですか!!

まさかの年越し寿司!?え!?年越しおせち!?

北海道では、年越しそば似たる「年越し寿司」なんて物がある!

これも北海道では当たり前で、普通に年を越す際に寿司を食べるとのこと。

年越し寿司にも驚きだが、他にも北海道では「年越しおせち」なんてのもあるみたいだ。

なぜ、そばではなく寿司とおせちなのでしょうか?それには理由があり、なんでも「1年が無事に終わったことを皆で喜んでシェアする」という意味でお寿司やおせちを、皆で囲んで食べるみたいだ!

この理由を聞けば「成る程」とみな頷くはずだ!

また、北海道根室発祥の回転寿司店「根室花まる」の年越し寿司は、販売してわずか1週間程で完売する店舗もあるみたいだ!ものすごい人気ですよね!

■まとめ

年末年始に欠かせない年越しそば。

熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」

今回、調べてみると以外にも県の特産物を使った、その県ならではの年越しの食べ物があることがわかりました。

その中でも全ての食べ物にちゃんとした意味があり、地域ならではの習慣があるみたいですね!

年越しそばの正しい食べ方は年が明ける前か、明けている最中に食べる方が良い!ということがわかりました!

1年の厄や毒を取り払うといった意味を考えれば、昼より夜、夜の中でも深夜に近い時間帯に食べるのが好ましいのでしょう!

よって年を明けてから食べることは縁起が悪いということですね。

今回、年越しそば以外の物もご紹介しましたが、今年の大晦日の夜あなたは何を食べますか?

うどんやお寿司、おせちなども捨てがたいですが、私は昔からそばを食べているので、そこはブレずにこれからも年越しそばを食べ続けようと思います。

WT
それでは、少し早いですが、みなさん良いお年をお迎えください。