驚きの効能!筋トレ&ダイエットに最適!スーパーフードのオートミールを試して!

美容・健康

皆さま日常で食事は必要不可欠ですよね。

中でもスーパーフードなるものが存在するのをご存知でしょうか。

代表的な食材としてはアサイーやチアシード、オートミールなどが存在し、いま現在もスーパーフードとして認定されてきている食材は数多くあります。

中でも今回はオートミールを紹介していきたいと思います。

今や超メジャーであるスーパーフードオートミールはスーパーには必ず設置されるようになり、お米コーナーにも在庫があるお店を巷で見かけるようになりました。

オートミール

オートミールは、別名オーツ麦、エンバクと呼ばれています。

そのままで食べると水気がなく口の中がパサパサして味気ないですが、水や牛乳をいれふやかして食べるとおいしいです。

白米より甘くなくあっさりしていますし、自分の好みに合わせて味付けできるのが、人気の理由のひとつですね。

WT
食物繊維たんぱく質、ビタミンミネラルが豊富なので、ダイエットに向いており、筋トレで筋肉増やしたい時にもおすすめです。

驚きの効能!オートミール

オートミールで便秘気味の方は腸の働きもよくなり、ダイエット効果が抜群に効果的と言われています。

なぜオートミールが身体に良くて人気と言われているのかと言いますと身体にとてもいい効果を生み出します。

まずは高血圧予防に始まり、便秘解消、豊富な食物繊維のため肌が綺麗になります。

またがん予防や血中のコレステロールを下げる効果もあり食べないわけにはいきませんよね。

しかし、一度に大量に食べすぎると腸内に溜まり便秘になってしまう恐れがあるのです。

食物繊維(Fiber)は腸内環境を良くするとお聞きしたことがあると思いますが、過剰摂取は体内での処理が間に合わなくなるのは当然です。

便秘持ちの人なら水分を充分に取り込んでおくと良い効果をもたらすことになりますが、そうでない人にとっては危険となるでしょう。

WT
腹持ちがいまいちなので大量に食べられてしまうオートミールは、食べ過ぎには注意してください。

驚きの低GI食品

また注目のオートミールはGI値といわれるものが非常に低い点であることです。

GIとは、グリセミック・インデックスの略称であり、食品ごとの血糖値の上昇指数を表す数値です。

人間は食品を食べると血糖値が上がります。

血糖値が上がりますと、膵臓からインシュリンが分泌されて血糖値を一定に保とうとします。

この時にGI値が高い食品ですと、血糖値が大幅に上昇して、それを下げようとするためインシュリンが大量に分泌されます。

逆にGI値が低い食品ですと血糖値の上り方が穏やかでインシュリンの分泌も穏やかになります。

GI値と調べれば出てきますが高GI値が悪いのではなく食べるタイミングが重要と言う事です。
WT
高GI低GI値食品をうまく使い分け、定期的に運動(トレーニング)を週2.3回行えれば体型は良くなりますし目的によっては引き締まった体、筋肉質な体を目指せます。

血糖値が下がる?インシュリンの分泌

ではなぜインシュリンがたくさん分泌されということが良いのかと言いますと、インシュリンは血糖値を下げる働きがある一方、脂肪を蓄積する役割もあるからです。

インシュリンが大量に分泌されない低GI食品は、結果的に体脂肪を蓄積しにくいという役割があるのです。

WT
GI値の低い食品は体脂肪になりずらいと言えます。

オートミールの摂取量は?

最後に摂取量についてお話ししていきたいと思います。一回の食事で約30gで十分な方もいると思いますが、それでも足りないと思う方は、量を50~100gを位に増やしても問題ありません。

オートミールは100gに対してカロリーは380kcalです。朝と夜二回の摂取しますと約760kcalになってしまいます。

一般女性、1日のカロリー摂取カロリーの目安である1800kcalに対して半分程度のカロリーを、オートミールで摂取してしまいます。

WT
昼食やオートミールへのトッピングのカロリーも考慮して、1日で取るカロリーのバランスを考えてみてくださいね。