どうするか悩み中?これで解決、初心者のロードバイク選びと整備

スポーツ

この記事では主に初心者に向けたロードバイクの選択、そして基本的な整備の知識を教習するためのものです。

桑品方法などは書いておりません。

ロードバイクの選択肢

基本的には以下の3タイプだと思ってください。

  1. 10万円以下のもの【入門用】
  2. 10万円から15万円のもの【ミドルスペック】
  3. 15万円より上のもの【レース用】

最近は種類も豊富で、10万円以下で買える2に該当するタイプもありますが、基本的なスペックは2お同じと考えています。

今回は3番目の15万円以上のバイクには触れません。

ですが、すでにレースを行うつもりの方ならばおすすめできます。

そういった方は知り合いに相談できる方がいらっしゃると思います。

また、レースに出る前提なら、初心者用の選び方ではなく、専門的な知識もつけている場合が多いため割愛しています。

また、それ以外の選択肢として、

  1. 通販で購入する
  2. 店舗で購入する。

この二つの方法の差もあります。

最近は通販で購入して、近くのショップで受け取るタイプもありますが、この場合はbと同じ待遇を受けられるため、Bの方法ということになります。

スポンサードリンク

初心者にお勧めするのは?

初心者にお勧めなのは基本的には2のタイプです。

ただしbの方法である、近くのショップで買うことをお勧めします。

理由としては、ロードバイクは維持費がとても高く、知識が必要になる事柄が多いためです。

そのため、一定期間ごとに整備が必要になります。

1年間以上無整備の場合は、普通のシティサイクルとほとんど変わらない乗り心地になっていたりします。

そのため、定期的にショップで整備してもらう。

または、違和感が出てきた場合に、ショップで対応してもらうべきです。

初心者にお勧めするのは、ショップで整備を行う所を見ることで、知識を得ていくこともできるためです。

最初から自分で整備するのはとてもハードルが高いため、ショップの人のまねをする形で自分で整備できるようになるべきでしょう。

このことから、ショップで1のような安いロードバイクを購入してはいけないのかと疑問に思うでしょう。

おそらく初心者が思いやすいことだと思います。

本音を言えば、そのショップの人がロードバイクに詳しそうなら買ってもいいです。

それ以外では、ショップ内でロードバイクの整備をぽこなっている方がいた場合は、買ってもいいと考えます。

ただし、スポーツデポに関しては、個人的な体験談ですがやめたほうが良いと思います。

理由としては、スポーツデポの整備は、簡単なもの(特にワイヤー周り)でも、持ち込まれたものを外部の業者に任せる業態だったためです。

この業態では、整備の様子を見ることができません。

また、預けたロードバイクが戻ってくるまでに時間がかかるためです。

もちろんほかのショップでも、オーバーホール(完全に分解しての整備)などを行えば、時間はかかります。

WT
しかし、初心者がまねできるような整備なら、2時間かからないことがほとんどです。
スポンサードリンク

自分で整備することのメリット

では自分で整備せずにすべて業者に任せればいいのではと思うでしょう。

近くのショップの方が親切ならこの方法でも全く問題ありません。

しかし、本当にお金がない場合、ロードバイクの維持費を安くすることができます。

効果は業者、ショップにもよりますが、整備に必要な金額が約半額になります。

ただし、正しい知識を持っていなければ時間がかかるだけです。

また、パーツも自分で選んで購入しなければいけません。

ショップだと、整備でミスをして手が付けられなくなったものでも、意外と簡単に直してもらえます。

WT

時間がある方は、挑戦してみることをお勧めします。

意外と整備も楽しいものです。

スポンサードリンク

まとめ

基本的にロードバイクは、10万円から15万円を選ぶべきで購入方法は、近くのショップで購入するのはベストです。

ただし、親切なショップで安いものが置いてある場合はその限りではありません。

今回は3番目の15万円以上のバイクには触れませんでしたが、すでにレースを行うつもりの方ならばおすすめできます。

しかしそういった方は知り合いに相談できる方がいらっしゃると思います。

WT
また、レースに出る前提なら、初心者用の選び方ではなく、専門的な知識もつけている場合が多いため割愛しています。

 

スポンサードリンク