ファッションで差をつけたいあなた!レジンでオリジナルアクセサリーを作りませんか?

ファッション

「アクセサリーが好きだけど既製品だから他の⼈と被るのがイヤ!」って思っていませんか?

アクセサリーで他の⼈のファッションと差をつけたいですよね!

そんなあなたに!ハンドメイド⼥⼦に⼈気なのが「レジンアクセサリー」なんです!

【レジンとは?】

レジンとは樹脂の事で、元々⼯業デザインの試作や⻭医者さんが使ったりするものです。

このレジン液をシリコンの型に流し⼊れて固めてアクセサリーにするんです。

*UV レジン

UV レジンはレジンアクセサリーで1 番ポピュラーなレジン液です。

UV ライトで紫外線を当てて数分で硬化するので、すぐに完成します。

⼤きい物や分厚い物は効果に時間がかかるので、⼩さいものを作るのに適しています。

*エポキシレジン

エポキシレジンは「2液性レジン」とも呼ばれたりもしています。

「主剤」と「硬化剤」と呼ばれる2 種類の樹脂を混ぜて、固まるのを待ちます。

⼩さいものも作れますが、硬化に24時間程かかるので、すぐには完成しません。

⼤きい物や分厚い物を作りたいときはエポキシレジンで作る事が⼀般的です。

【レジンで作れるものは?】

レジン液でアクセサリーのパーツやフェイクスイーツなどが作れます。

⼤きい物が作れるエポキシレジンだと家具や額縁の装飾なども作れたりするので、DIY⼥⼦におすすめです。

また、コーティング剤としても使えるので、⾃作したスマートフォンケースのコーティングに使われたりします。

【作り⽅は?】

作り⽅はレジン液を型に⼊れて固めるだけ!

それだけで簡単にオリジナルアクセサリーが作れるんです。

【必要な物は?】

*レジン液

まずレジン液を⽤意しましょう。

レジンに初めて挑戦する⼈はUV レジンがおすすめです。

ユザワヤなどの⼿芸屋さんで⼿に⼊れられます。

百均でも売られていますが、少量なので練習⽤に使うといいですよ。

*UV ライト

UV レジンで作る場合、UV ライトは必ず必要です。

⼿芸屋さんで⼿に⼊りますが、通販の⽅が安い事があります。

ライトによっては同じ紫外線で硬化するジェルネイルにも対応している物もあります。

全ての⼿芸⽤UV ライトがジェルネイルに対応している訳ではないので購⼊する際は確認して下さいね。

*モールド

レジンでアクセサリーを作るのに無くてはならないものがモールド(型)です。

⼿芸屋さんや通販でも売られていますが、おすすめは百均です。特にセリアは可愛いモールドが沢⼭売られています。

ただ注意して欲しいのが、ピンクのモールドは紫外線を通さないのでUV レジン液では使えません。

透明・半透明のモールドはUV レジン液エポキシレジンでも使えます。

*着⾊料

UV レジンやエポキシレジンは無⾊透明なので、⾊を付ける着⾊料が売られています。

マットな⾊を付ける⽔性顔料や、クリアな⾊を付ける液体タイプなど様々な着⾊料があります。

複数の着⾊料を混ぜて⾃分好みの⾊を作ることもできます。

ラインナップの多い通販で買うのがオススメです。

*ラメ・ホログラム

レジンを着⾊料で⾊を付けてもマニキュアのように最初からラメやホログラムが⼊っていません。

そこでラメやホログラムをレジンに⼊れるとキラキラしてオシャレになります。

百均にあるネイル⽤の物で⼤丈夫です。

*紙コップ

レジン液をモールドに⼊れる前に着⾊料や硬化剤などを混ぜ合わせる時に使います。

紙コップは使い捨てる事が出来ますが、お弁当⽤のシリコンカップだと繰り返し使えるので経済的です。

*つまようじ

レジンと着⾊料を混ぜたり、モールドにレジンを流し⼊れる為につまようじを使います。

紙コップと同じく使い捨てが出来るのでとても便利です。

*ゴム⼿袋・マスク

ゴム⼿袋とマスクを必ず着⽤しましょう。

「レジンアレルギー」というものがあり、アレルギーを持っている⼈が素⼿で触ってしまうとアレルギー反応が出てしまいます。

アレルギーがなくてもレジン液は化学物質なので扱う時は必ずゴム⼿袋とマスクを着⽤して下さいね。

 

WT
レジンの⼈気は年々⾼くなっています。百均でも材料が揃えられるので、ぜひ挑戦してみて下さい!
スポンサードリンク