懐かしの「プラ板」でオリジナルアクセサリーを作りませんか?

おもしろTopic

文房具店や百均で売られているプラ板。

1 度は見た事があると思います。

実はこのプラ板を作った作品がハンドメイド愛好家に人気なんです!

今回はプラ板を使ったハンドメイド作品や作り方を紹介していきます!

【プラ板とは?】

プラ板とは、プラスチックの板に絵を書いてオーブントースターで加熱してストラップなどが作れるものです。

1980 年頃から〜1990 年前半に小学生の間で人気になり、懐かしさを感じる人も多いのではないでしょうか?

【プラ板がアクセサリーに使える理由】

簡単に成形・色付けが出来る

加熱する前のプラ板は下敷きのように薄いプラスチックの板なので、ハサミやカッターで簡単に切る事ができます。

加熱する前に穴あけパンチで穴を開けておけば、ピンバイスなどで穴を開ける手間も省けます。

また、油性ペンやマニキュアなどで着色ができるので作りたい作品の自由度も高いです。

硬いプラスチックになるので丈夫

プラ板はオーブントースターで加熱すると、縮んで厚く硬くなります。

そのためストラップだけでなくピアスやネックレスなどにも使えるんです!

曲げて立体的な作品が作れる

実はプラ板は立体的に作れる事を知っていますか?

加熱している途中で 1 度取り出して、曲げたり好きな形に出来るんです!

ただ、加熱しているプラ板はとても熱いので必ず軍手をして下さいね!

【プラ板でこんなアクセサリーがつくれます!】

プラ板を使って、立体的なリボンや風車、お花まで作ることができるんです。

更には蝶々や金魚など難しそうな物まで作れます。

プラ板

100 均にも売っていますが加熱後の厚みが選べるので文房具店やネット通販で購入する事をオススメします。

油性ペンやマニキュア、色鉛筆など

油性ペンやマニキュアなど色や模様が付けられるものを用意します。

色鉛筆は紙やすりでやすってから使います。

ハサミやカッターなど

プラ板を切るのに使います。

カッターの方が細かい部分も切れるのでおすすめです。

アルミホイル

プラ板を加熱する時に下に敷きます。

アルミホイルを敷かないとオーブントースターの網に引っ付いてしまいます。

オーブントースター

オーブントースターで加熱してプラ板を固くさせます。

普段料理に使っているもので大丈夫です。

軍手

1 度オーブントースターからだして立体的に曲げたりするために使います。

加熱しているプラ板は軍手をしてもとても熱いので気をつけて下さいね!

辞書や集めの雑誌

加熱した直後はまだ柔らかいので挟んで上から押して平らにします。

ツルツルした紙

加熱した直後に雑誌などで挟む時に使います。

ツルツルした紙を使う事でプラ板の表面がツルツルします。

紙やすり

色鉛筆で色を付けたいときはプラ板の表面に紙やすりで軽くやすってから色をつけます。

UV レジン・UV レジンライト

加熱したプラ板に UV レジンという樹脂を塗り、硬化させることでぷっくりツヤツヤに仕上がります。

UV レジンでコーティングはピアスなどを作った仕上げによく使われています。

UV レジンはユザワヤや TOKAI などの手芸屋さんやネット通販でも売られています。

UV レジンだけでもアクセサリーが作れるのでぜひ買ってみて下さいね!

【印刷できるプラ板も!】

最近では家庭用のプリンターで印刷できるプラ板もあります。

WT
このプラ板を使えば、パソコンでデザインした柄をそのまま印刷することが出来るんです!

【プラ板の本も販売されています】

着色方法や加熱したプラ板の扱い方まで詳しく書かれている本が販売されています。

作り方に写真がついているので分かりやすく

WT
型紙が付いている物もあるので 1 冊買っておいて損はないですよ!
スポンサードリンク