新型iPhoneの登場!これからの流行りになるのか!?

電化製品

日本時間9月13日午前2時、Appleから新型iPhoneが3種類発表されました。

それぞれ、「iPhoneXS (9/21発売)」・「iPhoneXS Max (9/21発売)」・「iPhoneXR (10/26発売)」です。

今回は、この3機種が今後流行るであろう理由について、私なりの意見をまとめてみました。

◆より丈夫に、より安心に

iPhoneXsのフレームは、従来のiPhoneよりさらに頑丈になりました。医療の道具に使われているものと同じ「ステンレススチール」を使用しているためです。

また、iPhoneXからは、ワイヤレス充電を可能にするため、表面も背面もガラスでできています。そのガラスもiPhoneX同様、「super retina ディスプレイ」が搭載されているため、落としても簡

単に割れないよう、頑丈な作りになっています。

さらに、耐水性と防塵性も兼ね備えているため、従来のiPhoneよりもより安心して使用できるようになっています。具体的には、最大水深2メートルで30分は耐えられるそうです。

スポンサードリンク

◆顔認証システムの進化

iPhoneXから導入されている「Face ID」。顔認証速度が、速くなったと公式の発表があります。

さらに、帽子を被った状態、またはメガネやサングラスをかけた状態での顔認証も、性能がましたようです。

WT
私の友人も、「顔認証システムは画面を見るだけだし、エラーがあまりないから、指紋認証よりも使い勝手がいい。」と好評でした。
スポンサードリンク

◆今回の大目玉、カメラの大幅アップグレード

今回のiPhoneの一番の注目ポイントは、「カメラ」にあると思います。

ポートレート写真の背景のぼかし度を、簡単に調節できるようになったのです。それも、写真を撮った後にです。

さらにより暗い場所での写真撮影にも対応し、暗い中でも色彩をはっきりと演出しより細かい部分まで写真収められるようになったのです。

スポンサードリンク

◆さらに増えた、カラーバリエーション

iPhoneXはホワイトとブラックの二色のみでも展開となっていました。しかし、iPhoneXsには、ホワイト、ブラックに加えゴールドも登場することになりました。

Appleがゴールドを初めて製品化したのは、iPhone6でした。当時は、ゴールドが非常に売れていたというニュースも耳にしたこともあり、今回も売れるのではないでしょうか?

そして、iPhoneXRの登場も相まってさらなるカラーバリエーションも実現しました。色は全6色の展開となっており、それぞれレッド・イエロー・ホワイト・コーラル・ブラック・ブルーです。

*コーラルは「珊瑚」のこと。つまり、朱色のような色です。

◆電池が切れてもSuicaが使用可能に

公式のホームページに記載はなかったように記憶していますが、今回のiPhoneXs、Xs Max、XRから、iPhone本体のバッテリーが切れてしまった状態でも予備電力でSuicaなどのカードが利用できる機能が搭載されたようです。

WT
最近はスマホを使い改札を抜ける人が格段に増えていると感じるので、とても良い機能ではないでしょうか。

◆まとめ

今回はこれから流行るであろうということで、先日発表された3種類のiPhoneについて書いてみました。

現代のトレンドである、スクリーン全体がタッチパネルになっており、ワイヤレス充電にも対応したためさらに便利になりました。iPhoneの課題であった画面の割れやすさも改善されたようで、さら

に頑丈になっています。防水機能、防塵機能もさらに凄みを増し、より安心して使えるようにもなりました。

バッテリーの持ちも向上しており、充電が切れた場合でもSuicaが使えるなど日々の生活にも取り入れたくなるような機能も増えてきています。

バッテリーの情報が出てきました。XSは2660mAh、iPhone XS Maxは3170mAh、XRは2940mAh
WT
iPhoneは今後流行の並みに乗るのではないでしょうか?
スポンサードリンク