原作ファンの間で人気上昇中!2.5 次元ミュージカルについて調べてみた!

おもしろTopic

2.5 次元という言葉を 1 度は聞いた事がありませんか?

最近テレビなどで取り上げられるようになっています。

でも 2.5 次元って何?って思いませんか?

そこで今回は 2.5 次元とはなにか調べてみました!

【そもそも 2.5 次元ミュージカル・舞台とは?】

そもそも 2.5 次元とは、漫画やアニメのキャラクター(2 次元の人物)を現実の俳優さん(3 次元の人物)が演じる事です。

キャラクターにそっくりな格好をして演じるミュージカルや舞台を「2.5 次元ミュージカル」や「2.5 次元舞台」と呼びます。

【実写化とどう違うの?】

「よく言われる実写化とどう違うの?」と疑問に思っていると思います。

2.5 次元と実写化の違いは「改編」があるかないかの違いです。

実写化された映画やドラマは放送する尺に収まるようストーリーが変えられているんです。

尺の都合上改編しなければならないのは分かっているのですが、主要な登場人物や物語にとって大事なストーリーが改編されてしまう事があるんです。

そのため原作が好きな人からは実写化が敬遠されがちです。

また、実写化は有名な俳優さんが起用されたりしますが、役に合ってないことが多く実写化が決定した時に批判を浴びることが多い理由の 1 つです。

【2.5 次元ミュージカル・舞台が人気な理由】

キャラクターや原作に忠実な再現度

 2.5 次元の作品はとにかく原作に忠実です。

実際に観るお客さんは原作の漫画やゲーム等が好きな方が多いんです。

なので俳優さんがキャラクターに似ていなかったり、ストーリーが原作と全然違っていると不評を買いやすいんです。

ファンはそれだけ原作を愛しているので、ミュージカル化・舞台化するならそっくりそのまま再現して欲しいんです。

WT
多くの 2.5 次元作品はキャラクターやストーリーを忠実に再現しているので、原作ファンからの批判も少なく人気なんです。

キャストさん・スタッフさんの意識の高さ

キャスト(俳優)さんや脚本家さん達の意識が高い事も人気の理由の 1 つです。

特に 2.5 次元俳優さん達の研究は凄まじいです。

漫画が原作の作品では俳優さんが漫画を 1 コマ 1 コマじっくり見て動きやポーズを研究されていたり、ゲームが原作のミュージカルなら実際にゲームをプレイして自分が演じるキャラクターを研究されています。

WT
さらには実際に殺陣を習ったり 1 ヶ月テニス合宿をしたり本物の動きを体に叩き込んでいるんです。

【あの有名人も 2.5 次元出身だった!】

テレビドラマや映画に出演されている方も、実は 2.5 次元に出演されていた人がいるんです!

代表的な方を挙げると斎藤工さん、城田優さん、志尊淳さん、和田正人さんの 4 人です。

時期は違いますが、この 4 人の俳優さんは全員「ミュージカル テニスの王子様」に出演されていました。

【どんな作品があるの?】

ここからはどんな作品があるのか紹介していきます!

元祖 2.5 次元!「テニスの王子様」

公式サイトhttps://www.tennimu.com/

元祖 2.5 次元と言えるのが「テニスの王子様」です。

「テニスの王子様」は 1999 年から 2008 年まで週刊少年ジャンプで連載されていたテニス漫画です。

現在は「ジャンプ SQ」で新テニスの王子様が連載中です。

2003 年から上演している元祖 2.5 次元ミュージカルです。

WT
「若手俳優の登竜門」と呼ばれ、数々の有名俳優を排出しています。

プロジェクションマッピングと融合したハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」

http://www.engeki-haikyu.com/

「ハイキュー!!」は現在週刊少年ジャンプで連載中のバレーボール漫画です。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」(通称:ハイステ)はプロジェクションマッピングと融合し迫力のある舞台を作り上げています。

爆発的人気の「ミュージカル 『刀剣乱舞』」 ミュージカル『刀剣乱舞』

公式サイトhttps://musical-toukenranbu.jp/

 今現在最もアツい 2.5 次元作品といえば『刀剣乱舞』です。

刀剣乱舞とは日本刀の付喪神を擬人化させて歴史を守るという人気のゲームです。

2016 年から公演を初め爆発的人気になっています。

最近では国内だけでなく台湾や中国、パリなどの海外公演もされています。

WT
また、各公演につき公演で使われた楽曲や 2 部で歌われた楽曲が収録されているアルバムが発売されています。
スポンサードリンク