これからは学生や若い社会人の独立が!インターネットビジネスの普及

おもしろTopic

近年は、若者(早けれは高校生、大学生)が自らビジネスを立ち上げ、独立していく風潮が以前に比べて、非常に多いように感じます。

また今年は、eスポーツ元年と言われ、ゲームで生計を立てていこうとする若者も伸びを見せる一方です。

同じく今年は副業元年とも言われ、若い会社員の人も副業で会社からの給料とは別に収入を得ているケースも多くなってきているそうです。

今回は、これからもっと若者に浸透していくであろうインターネットビジネスについて、なぜここまで広まるようになったかについて見ていきたいと思います。

インターネットビジネスや副業が流行する理由

一昔前は、現代のようにインターネットビジネスや副業が盛んなわけではありませんでした。

インターネットビジネスはネットの世界に個人情報が漏れていまい、それに伴って危険性も生まれてくるのではないかといった心配、副業は会社に隠れてコソコソとしなければならないもの、という印象があり、どちらも比較的プラスのイメージがありませんでした。

しかし、今の日本の子供の将来の夢第3位がユーチューバーになることといったネットの世界に興味を持つ子供が増えているのです。

副業も徐々に認められ始め、むしろ良いことだというイメージも付いてきました。

WT
なぜそうなったのか、私が考えた理由4つを紹介します。

理由1:言語

15年から20ほど前までは、普段僕たちが利用しているユーチューブは、まだ日本語に対応していませんでした。

全て英語のため、英語に疎い日本人としては、ユーチューブという存在を知らない人や知っていても、英語がわからず怪しいサイトなのではないかと疑う人が多かったそうです。

今では日本語に対応しているため、動画の見方や動画のアップロードの仕方、広告の付け方など、理解できるようになったからです。

理由2:有名人の登場

ヒカキン」と聞けばみんな一度は耳にした名前ではないでしょうか?

https://www.youtube.com/user/HikakinTV 

このように、インターネットで生計を立てている人が注目されるようになる時代がきたのです。

有名ブロガーやインスタグラマー、バズるなんて言葉もできているくらい、インターネットは私たちの生活に深く浸透しているのです。

子供や若者が、彼らを見てインターネットの世界に興味を持つのは必然と言っていいぐらいです。

その中から、このインターネットの力で生計を立てていきたいと考える人も必然と出てくるわけです。

理由3:共有

今の時代、わからないことがあればインターネットで調べれば、ほとんど全て解決できます。

インターネットビジネスのやり方も然りです。

広告の付け方、どうやったら人気になれるのか、どのような心がけや心構えが必要なのか、そう言ったことまで事細かに書かれている時代です。

以前よりも、多くの人がインターネットビジネスに挑戦出来やすくなっているのです。

理由4:事実上の解禁

先ほども記述したように、一昔前は、副業は会社に内緒でコソコソとやるものでした。

それが変わったのは、「働き方改革」の影響があります。

働き方改革が始まって以来、さまざまな企業は「残業」を減らしつつあります。

今まで当てにしていた「残業代」が手元に入ってこなくなるということから、本業である会社勤め以外からの収入を得なくてはいけなくなったのです。

これにより、副業解禁への道ができたのです。

スポンサードリンク

まとめ

今の時代、やる気と継続力があれば、インターネットビジネスや副業で稼ぎ続けることも可能なのだということを感じます。

WT
学生でも取り組めてしまうほど、初期費用のかからない、手軽なビジネスがそこらへんにいくらでも落ちていることも実感させられますね。
スポンサードリンク