海外の流行は、日本にも流行る!?HIPHOP編

音楽

海外で流行っている事って、日本でも自然に広がりますよね。

アメリカでアップルが誕生し、IPHONEが生まれ今では全世界の人々が使っていると思います。

例えれば、HIPHOPの中でもTRAPってジャンルが出てきて、今では日本、韓国、全世界のHIPHOPシーンでTRAPって音楽が広がっている様に見えます。

そこで今回は、海外•日本の流行のHIPHOPについて話をしていきます。

超有名アーティストがもろパクリして有名になったHIT曲

皆さんG-Eazyってラッパーを知っていますか?

アメリカ、オークランド出身のラッパーで今ではアメリカのみならず、世界中を飛び回る有名ラッパーです。

BEAT(曲、音)に乗せるリリック(歌詞)がリズミカル(リズム、テンポ)な上に、FLOW(曲の流れ)がなんと言っても心地よく、首を上下に自然と降らされます。

G-Eazy -No Limit REMIX ft.ASAP Rocky,Caridi B,Fremch Montana,Juicy J,Belly

どうでしょう?1番初めに歌っている方がG-Eazyです。

すごく心地いいですよね。

続いて、今日本で注目を集めているラッパー集団「BAD HOP」

京浜工業地帯が生んだ、川崎市出身の8MCによるHIPHOP CREW。

中高生に絶大な支持を受けており、2018年11月13日(火)日本武道館でのワンマンライブが開催されます。

前売りチケットは、即に売り切れとなっており、追加販売も未定です。

ものすごい人気ですね!!!

日本のHIPHOP史上、初の日本武道館ワンマンライブだと思います。

今後の活躍もかなりの見物です!!!

それではBAD HOPの曲を一部ご紹介します。

BAD HOP-Kawasaki Drift

お気付きになりましたか?

あれ?と思われた方が多い思います。

先程ご紹介したG-Eazy-No Limitにすごく似てますよね。

というより一緒ですよね。

ただ、これ丸パクリって訳じゃないんです。

実はこれ「サンプリング」って技術で、一部分を抜き出し、オリジナルに変換するってやり方なんです。

これは、HIPHOPのみならず、日本国内、全世界でも使われていることで、良い部分を自分なりにオリジナルに変えて、更に良くしようってアーティストの試みだと私は思います。

なので、多少似ている事があったにしろ。

「イケてれば、かっこよければ良い」そう思いませんか??

これを見ているあなたも可愛い、かっこいい有名人の髪型やファッションを真似したり意識したりしますよね??

それと同じ事だと私は思います。

今後の注目すべき日本アーティスト

「RAUDEF」

RAPスキルがなんと言っても非常に高い。

日本一だと言っても過言じゃないと私は思います。

日本語ラップと言えば、今話題の「フリースタイルダンジョン」の主催者ZEBBRAもレジェンドの一人ですが、そのZEEBRAさえ認めた程です。

一時はBEEF(喧嘩)を吹っかけたRAUDEFですが、今ではZEEBRAの曲をREMIXし、和解したみたいですね。

和解が見受けられる曲が、こちらなります。

RAUDEF-HYPATECH introduced by Zeebra prod.YMG

どうですか?

和解した曲でも、RAUDEFってRAPにすごいキレがありますよね。

まるで海外の音楽を聞いてる感覚に陥ります。

他の日本人にはない、唯一無二のSTYLEだと思います。

また、このRAUDEFも海外のラッパーから多大な影響を受けており、サンプリングした部分も一部見受けられますが、こちらはまた次回ご紹介させて頂きます。

RAUDEFはセカンドアルバム「ESCALATE Ⅱ」が絶賛販売中。

気になった方は、是非こちらからどうぞ!!!!

まとめ

海外の流行りは日本にも流行る、と実感していただけましたでしょうか。

今後ラッパーになりたいって方が、いらっしゃるなら、まずが海外で流行っているアーティストから勉強しサンプリングする事をお勧めします。

以上、海外の流行は、日本にも流行る!?HIPHOP編でした。

最後迄、ご覧頂きありがとうございました!!!

スポンサードリンク