健康は財産!スポーツジムはこれからも伸び続ける!

美容・健康

皆さんは運動をしていますか?

仕事が忙しくて…運動が苦手で…そんなことではいけません!

長寿大国日本において、長生きよりも注目されているのは健康寿命です。

年を取って病気や怪我で入院したら一生病院通いになってしまった…

肩こり腰痛が酷くて外に出るのも億劫になってしまった…

そんな風にはなりたくないですよね。

そこで、今注目されているのがスポーツジムです。

かつては、ひたすら走り、ひたすら筋トレし、室内でひたすらトレーニングに励む場所だったスポーツジム。

近年では、途中で挫折しないような工夫が施されています。

今回は、最近のスポーツジムの工夫、筋力不足の影響、健康であることのメリットを紹介させていただきます。

スポーツジムの工夫

スポーツジムは、続けてもらえるように様々な努力をしています。

今回は、特徴別にスポーツジムを紹介していきます。

低価格で24時間自由に入れるジム

最近では24時間営業のスポーツジムが増えてきています。

エニタイムフィットネス、JOYFIT24、ワールド+ジムなどが、24時間出入り可能です。

なので、早朝でも深夜でも好きな時間に行って運動することができます。

こういったジムの特徴は、マシンフィットネスが中心になることです。

メリットは、マシンフィットネス中心なので周りの目が気にならず、24時間出入りできるところです。

デメリットは、マシンフィットネスは己との戦いなので、飽きてしまうと継続が難しいところです。

今話題のマンツーマンジム 【AppleGYM】
WT
インストラクターの指導をしっかり受けたい人は、インストラクターの多いジムを選んだほうが良いです。

インストラクターによるフィットネスプログラム重視のジム

コナミスポーツクラブ、JOYFITなどのジムでは、多彩な運動プログラムを受けられます。

運動プログラムは、初心者向け、中級者向け、上級者向けで目的別に選ぶことが出来ます。

例えば初心者向けの内容ですと、インストラクターに運動メニューを相談出来たり、食事へのアドバイスがもらえたりします。

反対に上級者は、体を絞るきついトレーニングプログラムを紹介してもらえます。

インストラクターさんがきっちり付いてくれることで、1人で運動するより結果が出しやすくなります。

また、スタジオレッスンも多彩で、皆で一緒に体を鍛えることが出来ます。
パーソナルトレーニング【Global fitness】
WT
スタジオレッスンは、インストラクターさんのトークもあるのであっという間に時間が過ぎていくのもメリットの一つです。

ゲーム感覚で鍛えられるジム

最近では、映像と音楽を利用してゲーム感覚で運動出来るジムが参入しています。

空を飛ぶVRフィットネスのICAROS。

巨大スクリーンの映像を見ながらサイクリングするTHE TRIPが有名です。

フィットネスなので運動自体はキツいのですが、音と映像により高い没入感を得られます。

少し苦しくても、映像と音による楽しさがあるので辛さが緩和されます。

しかし、体験できるジムがほぼ東京のみと限られているのがデメリットです。

このような機器は、好きな時間に体験できないので、時間に制約がある方も体験するのは難しいです。

WT
地方の方は、時間がたつにつれて最新機器が浸透していくと思うので辛抱強く待ちましょう。

筋力不足が生活の質を落とす

何故、現在健康維持が重要視されるのか。

記事の冒頭でもお伝えしましたが、今は寿命を延ばすことより、いかに健康を維持するかが大切な時代です。

増大する医療費負担を減らすため、国も健康維持や病気の予防についての取り組みを推進しています。

次は、全く運動しないことによりどのようなリスクが想定されるのかについて解説していきます。

筋肉は健康問題を根本から解決する

そう言っても過言ではないくらい、筋肉は生活の質を支えています。

例えば、デスクワークのやりすぎで慢性的な肩こりを患ってしまう方は多くいます。

こうなってしまうと、針灸マッサージに駆け込む人が多いと思います。

しかし、本当にこの状況を回復するには運動が必要なのです。

コリは、筋肉が固まり血流が滞ることが原因です。

なので、ちょっと散歩に出て体を動かし血流を流し、ストレッチや筋力トレーニングで筋肉をつけることでコリは段々と改善されます。

スポーツジムに通う費用と、針灸マッサージに通い続ける費用なら、どちらが高くつくでしょうか?

次は、高齢者になった時を想定して解説していきます。

筋力は年を取ってから評価される

筋力のあるなしは、年を取って入院した時に大きく影響します。

筋力の減少のことを、医療の現場では「サルコペニア」と言います。

例えば、年を取ってから転倒し、骨折してしまったとします。

筋力がある人は、手術からリハビリ、そして退院まで順調に行きます。

しかし、筋力が無い人はリハビリが難航してしまいます。

筋力が無いため、リハビリをしても思うように動けないのです。

元々無い筋力を入院してから増やすことはできないため、今ある筋力で頑張るしかないのです。

そうしてリハビリが長くなると、リハビリ病院への転院が必要になることもあります。

入院期間が長くなるので、治療費の支出が恐ろしい金額になってしまいます。

ここまで来てしまうと、生活の質は大幅に悪化します。

入院で長い間行動が制限され、好きなものが食べられず…そうして少しずつ生活の質が低くなっていきます。

退院してからも、一度弱った体では好きなところに出かけるのは難しくなります。

WT
楽しい老後のつもりが、病院で伏せっていた晩年にならないように、今のうちに運動する習慣をつけましょう。
【Global fitness(グローバルフィットネス)】

健康によるメリット

運動することで、自分自身の体が健康でいられます。

最近ではそれ以外に、健康であることにメリットを追加したサービスが提供されています。

WT
今後は健康がメリットとなる商品が増えていくと予想されます。

健康があなたのお得につながる

最近では、保険商品に健康割引がついたような商品が発増えてきています。

住友生命の「Vitality(バイタリティ)」は、健康診断書の提出や1週間の運動量を評価し、目標に達していれば保険料の割引を受けることができます。

逆に、全く目標を達成できなければ保険料は値上がりします。

その他にも、Vitalityではスポーツジムの割引やコンビニで利用できるドリンクチケットなど、運動することにメリットを持たせています。

保険会社は保険料を払うリスクが減らせますし、私たちは健康活動のサポートが得られます。

まさにWIN-WINの関係です。

後に続くように、健康増進型の保険商品は増えています。

WT
今後はこのような保険がメジャーになっていくかもしれませんね。

美容上のメリット

筋肉のコリは、姿勢や歩き姿にも影響しています。

猫背になっていると、スタイルが悪く見えてしまいます。

歩くときに姿勢が悪い人は、後ろから見ると一目瞭然で、靴底の減りがおかしいことがあります。

姿勢がゆがんでいると、つい整体に頼ってしまいますが、整体の効果を維持するためには運動して筋肉をつけることも大切です。

WT
筋力が付くと、こりがほぐれて、正しい姿勢を維持するのが楽になります。

あなたもできる!運動しよう!

今回は、スポーツジムの紹介と運動の大切さについてお話ししました。

スポーツジムの体験は無料なので、スポーツウェアとシューズを持って、気になるジムに行ってみてください。

週に数回1時間の運動でも、体質は改善できます。

WT
皆様が、毎日を健康でより良く過ごせるように応援しております。