2019年のSNSのメインテーマは動画映え!?

おもしろTopic

TikTok、インスタグラムのストーリー機能、Youtube、、、これだけではなく、数え切れないほどの動画アプリがあります。
今「動画」というテーマがアツいと思いませんか?
動画中心になってきたこの時代の、 SNSの次なるテーマは「動画映え」だと筆者は考えています。
本記事では次のブームになるかもしれない「動画映え」というテーマを考察していきます。

動画の進化

遡れば、2013年にVineというアプリが登場して以来、人々の生活の中に動画というものが密接に関わってきました。
一度アーティストの新曲が出ると、Youtube上にミュージックビデオがアップされ、再生回数は有名な方だとうなぎ登り。

TikTokで女子高生が面白動画をアップしたり、インスタグラムではストーリー機能を使って、自分がみたもの、面白い出来事を友達と共有したりします。
今や、クリエイティブな動画コンテンツを配信して、広告収入を得るYoutuberという職業も聞き慣れない言葉ではありません。

動画は確実に進化しながら、今の生活とは切っても切り離せないものになってきているのです。

スポンサードリンク

2「動画映え」とは?

そもそも「動画映え」は「インスタ映え」や「フォトジェニック」からとった造語です。
一般人が手軽に編集できるアプリを使って、SNS上に映えている動画をアップすることを指します。

今では、すでに写真などを加工して出している人は大勢いますが、動画を凝った形にしてアップしている方は少ないと思われます。
理由としては写真の加工とは違い、少し面倒で、手間がかかるからというのが一つあります。

しかし、TikTokの登場により、口パクなどで面白い動画を手軽に投稿できるようになりました。
自分もYoutuberみたいに面白い動画を撮りたい!」と思う人が増えたから、TikTokは流行っているのです。

小学生のなりたい職業のランキングに、Youtuberがランクインするのも納得ですね。
写真をあげるかのように、簡単に動画をアップする。
それが「動画映え」です。

スポンサードリンク

3 なぜ流行るの?

なぜ流行るのかと言いますと、前述したように「自分もYoutuberみたいに面白い動画を撮りたい!」と思う人が増えていることも一つの理由ですが、
「自分が体験した、面白いことや、素晴らしいこと、楽しいことやビックリするようなことを、友達や世界中の人とシェアして、動画としてよりリアルに残しておきたい!」
という感情が人々の中に生まれるであろうことも一つの理由です。

「シェア」というのも一つのキーワードです。

Airbnbで部屋を旅行者とシェアしたり、メルカリで使いかけのコスメなどを出品してシェアしたりと重要なワードとなっています。
このような流れに押されて、動画をシェアする「動画映え」が流行ると考えています。

スポンサードリンク

4 どういった形で流行するのか?

最大手のインスタグラムやツイッターなどに、もっと手軽に時間の制約なしに動画を編集できる機能が搭載されることによって、流行ると考えます。
今のインスタグラムの機能だと時間の制約がありますし、ツイッターの動画はあまり映えません。

撮ったものを編集アプリで編集し、インスタグラムでアップするのは手間がかかるので、”撮る 編集する アップする”の三要素が合わさるとインスタグラムは動画だらけになると思います。
流行るとしたらやはり、インスタグラムでしょう。

料理や綺麗な景色、面白い動画が一つのアプリで見れると思うとワクワクしませんか?

まとめ

いかがだったでしょうか?
「動画映え」というのが流行る可能性があることは分かっていただけましたか?

動画の進化のスピードは誰にも止めることはできません。
このワードに限らず、違った形で動画が進化するかもしれません。

どんな形になっても、みんなが笑顔になれば最高ですね。
スポンサードリンク