『二重に全然ならないのはなぜ?くっきりと定着させる期間や方法は?』

美容・健康

メイク好きな女性にとって、二重は憧れのもの。

一度でも綺麗な二重になりたいと思った事があるのではないでしょうか?

努力をするものの二重に全然ならないのはなぜ?と悩む方も多くいらっしゃるかと思います。

今回はそんな悩める女性達に注目して、くっきりとした二重を定着させるために必要な期間と、方法等をご紹介していきたいと思います。

少しでも多くの方に参考にして頂けると嬉しいです。

「二重に全然ならないのはなぜ?」

一重の方がなりたい二重。

今では美容品やコスメが一昔前より充実しており、メディアや雑誌、ネット等で二重になる方法が数多く紹介されています。

まずはそれらによって情報を得て、実践してみますよね。

せっかく憧れの二重が手に入るかも知れないのですから、結果的に二重にならないと絶望しますよね。

しかし紹介されてる通りにやってみたけれども、、「あれ?二重に全然ならないじゃん!なんで?」

こういった経験をされた方は数多くいらっしゃると思います。

「二重に全然ならない」のにはもちろん、理由があったのです。

まず、単に一重といっても色々と種類があるのです。

その人の目の大きさ、長さ、形、つり目気味なのかたれ目気味なのか、腫れぼったいのか薄めの皮膚なのか、人によって特徴は様々なのです。

それを理解して自分に合った二重を形成していく事が鍵となるのです。

WT
なので「二重に全然ならないじゃん」と思った方は、まず自分の一重の特徴を出来るだけ多く見つけ出す事から始めてみると良いでしょう。

「二重にくっきりと定着させるには?」

主に私の実体験と周りの経験談を元に、二重にくっきりと定着させる方法を伝授させて頂きます。

「二重にくっきりと定着させたい」と思うのならば、まずは根気強さが必要です。

自分の一重の特徴を見つけ出せたら、次は二重になるためにどのアイテムを使うのか?です。

自分に合ったアイテムによって二重にくっきりと定着するかどうかが変わってきます。

これについては少し手間がかかる作業かもしれません。

アイプチという言葉が流行りだしてからというもの、今となっては世間には二重になるためのアイテムが数多く存在します。

そのアイテムを大きく分けると、アイプチ、メザイク、アイテープ、この3つかなと思います。

結果的に言うと、瞼が腫れぼったい目と瞼が薄い皮膚の目では、瞼が薄い方が型はつきやすいです。

私自身、腫れぼったい小さめの目です。

この産まれながらに形成されている一重を二重にくっきりと定着させるには中々の根気が必要なのです。

瞼が腫れぼったい方にオススメは、まずはアイプチです。

なりたい二重の幅にしっかりとくっつける事から始めましょう。

二重にくっきりと定着させるには、まずはクセ付けが大事になります。

中々根気がいりますが、それを出来れば毎日続けましょう。

瞼が薄い人にオススメはメザイクです。

瞼が腫れぼったい人より比較的型がつきやすいので、メザイクがオススメです。

これも毎日続ける事によって、二重にしっかりと定着させる事が出来るでしょう。

「二重になるための期間や方法は?」

二重になるための期間や方法については、人それぞれ異なります。

瞼が腫れぼったい目の方が二重になるためには、一年〜三年くらいの長期間必要です。

瞼が薄い目の方が二重になるためには、早い人で半年くらいの短期間でなれるかなと思います。

その方法についてですが、やはり一日中クセ付けておく事が一番早い方法です。

腫れぼったい目の方は寝てる時も、すっぴんの時もしっかりとクセ付ける事が長持ちする最適の方法になります。

瞼が薄い目の方は、起きている時にしっかりとクセ付けている事がベストな方法です。

そりゃあ少しでも長期間よりかは短期間であった方がいいですよね。

WT
より早くクセ付けるためには毎日コツコツと頑張って行きましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

二重になるためには努力を惜しまず毎日続ける事で、憧れのくっきり二重を手に入れる事が出来ます!

WT

私も腫れぼったい瞼の持ち主で2年程かかりましたが、続ける事によって理想の二重を手に入れました。

皆様もこの記事を参考にしてみて下さい。


 

スポンサードリンク