カカオ豆と職人が織りなす、こだわりのダンデライオンチョコレート

おもしろTopic

「ダンデライオン・チョコレート」。この名前を聞いたことのあるあなたは、なかなかのチョコレート通な方。

上質なカカオが楽しめるサンフランシスコ生まれのBean to Bar専門店で、2016年に東京・蔵前に海外初出店しました。

原料・製法にこだわり抜く、究極のチョコレートをご紹介します。

Bean to Barへのこだわり

Bean to Bar(ビーントゥバー)とは、豆の選別、焙煎、摩砕、調合、成形といったチョコレートを作る工程をすべて一貫して自社で行うこと。

欧米で生まれたこの製法ですが、日本で行っているところはまだわずかです。

チョコレートは、発酵と焙煎の両方を行う数少ない食べ物のひとつで、その2つの工程が独特のフレーバーを生み出します。

しかし、多くの大量生産されているチョコレートは、安定性とコストのためにその風味を取り除いてしまいます。

つまり、多くの人は、まだチョコレートの本当のおいしさを体感していないのです。

本当のチョコレートのおいしさを広めたい!その思いを強く持ったサンフランシスコの二人の青年が創業したのが「ダンデライオン・チョコレート」です。

彼らはもともとIT起業家でしたが、子供の頃からチョコレートが大好きだった彼らは、IT起業で成功をおさめた後、チョコレート作りの道へと転身しました。

彼らは、友人にガレージを借りてチョコレートの実験室を作り、中古の機械を仕入れてコーヒー豆ロースターを改造したり、膨大な数のレシピや情報を集めました。

多くのショップで食べ歩きをし、ドミニカやベネズエラ、マダカスカルなどの地に出かけ、生産者との交渉を行いました。

WT
豆の調達や、最後の包装の過程までも自らのファクトリーで行うのが「ダンデライオン・チョコレート」のやり方です。
スポンサードリンク

カカオの個性を引き出す材料と製法

一般的なチョコレートは、ミルクや脱脂粉乳、カカオバターなどの原材料が使われていますが、「ダンデライオン」のチョコレートバーは、カカオ豆とオーガニックケインシュガー(きび砂糖)のみで作られています。

育った風土で、それぞれのカカオ豆が持つ特長を引き出すための、徹底したこだわりのゆえの選択です。

新しい豆が届いたら、焙煎の条件を変えながら、何度もテイスティングを繰り返します。

このプロセスは最低でも1週間、時には1か月を要する場合もあります。

WT
どんなに素晴らしい豆でも、納得のいく仕上がりになるまで、商品となって世に出てくることはありません。
スポンサードリンク

お店はチョコレートファクトリー

ダンデライオンとは、英語でたんぽぽのこと。

ひとつひとつの豆や産地や、どうようにして作られたのかが分かる、地に足がついたイメージを出したかったことから付いた社名だそう。

海外初出店となる東京・蔵前のお店は、1Fがチョコレートファクトリーとショップ。

2Fがカフェとワークショップスペースになっています。

店内のチョコレートバーの一つ一つに、カカオ豆の原産地や風味、味わいなどの特徴がわかりやすく書かれています。

様々なテイストのカカオが並べられ、全てテイスティングもできるので、苦みや酸味など、それぞれのテイストを 楽しんでみてください。

また、また、定期的にワークショップも開かれていて、チョコレートの奥深い世界が体感できます。

カカオ豆からチョコレートバーができるまでのプロセスやテイスティングについて学ぶことができる入門編のクラスは初めての方にもおススメ。

工場見学などの楽しいイベントも開催しているので、興味のある方はぜひこちらをご確認してください。

WT
奥深いカカオ豆の世界にいざなってくれること間違いなしです!
スポンサードリンク

おススメはこの商品

まずはシンプルにチョコレートバー(¥1296・税込)を。

チョコレートバーを購入された方には、それぞれのチョコレートのカカオ豆の産地やフレーバーについて書かれたリーフレット、ダンデライオンのBean to Barチョコレートの製造工程がわかるシートも同梱されています。

ここでしか味わえない、本物のチョコレートをじっくりと楽しんでください。

WT
苦み、酸味、甘味、フルーティーさなど、カカオ豆の産地や、香り、味わいが種類によってどれも異なるので、ぜひ食べ比べてその違いを堪能してください。

 

スポンサードリンク